たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  その他 その他


スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2015年06月01日

和泉多摩川駅近くの古刹!~玉泉寺(狛江市)~

5月23日は、三多摩エンジョイ倶楽部の企画で、
狛江市を散策してきました。


小田急線・和泉多摩川駅に待ち合わせ、
まず向かったのが、駅に近くにある
「玉泉寺」です。




ここは、駅に近いのですが、
なんか心落ち着く、素敵な空間でした。


山門の右手にあるのが、
高さ13m!樹齢300年!という、
銘木「ボダイジュ」です。
市天然記念物になります。



ボダイジュと言えば、
お釈迦様がその下で悟りを開いたという木。

写真に、何か光がのようなものが写りこんでいて、
あとで観てちょっと不思議な感じがしました。


石像群も、ちょっと見ごたえが!




*****

玉泉寺

北条氏政の祈願所だったといわれています。

多摩川沿いに所在していましたが、
たびたび洪水の被害に遭って、
現在地に移転したといわれます。

境内の帝釈堂には、
おしゃもじ様が祀られています。

*****


玉泉寺(狛江市)


☆★

多摩地区を散策などで愉しむサークル『三多摩エンジョイ倶楽部』
  


  • 2015年06月01日

    狛江市の多摩川風景!

    5月23日は、三多摩エンジョイ倶楽部の企画で、
    狛江市を散策してきました。


    「玉泉寺」の後は、多摩川沿いを散策です。

    狛江市での多摩川風景というと、
    代表的なものが2つあります。


    ひとつは、
    貸しボート屋「たまりや」さん。



    多摩川で手漕ぎボートに乗れる、
    貴重な存在です。

    以前、NHKでも紹介されていましたが、
    利益度外視で、多摩川の見張り番も兼ねて、
    営業を行っています。

    因みに、写真の後ろの鉄橋は、
    小田急線です。


    もうひとつは、「五本松」。

    「多摩川50景」及び「新東京百景」の一つに
    選ばれている名所です。



    写真のように、角度によっては、
    近代的な建物などが入らないため、
    以前は、時代劇の撮影にもよく使われたそうです。

    確かに、なんか観たことが風景ですよねぇ。

    そしてここは、木陰になるので、
    涼しくて、良い場所です♪


    ☆★

    多摩地区を散策などで愉しむサークル『三多摩エンジョイ倶楽部』
      


  • 2015年06月01日

    ひっそりと佇む神社~水神社(狛江市)~

    5月23日は、三多摩エンジョイ倶楽部の企画で、
    狛江市を散策してきました。


    多摩川沿いを散策、
    近くの公園などを通ったあと、
    当初予定にはなく、偶然に観つけたのが、
    「水神社」です。



    まさにひっそりと佇む、
    小さな神社です。


    *****

    多摩郡和泉村(現在の東京都狛江市元和泉)
    の多摩川を水源とし、世田谷領と六郷領、
    つまり現在の狛江市から
    世田谷区を通り大田区に至る用水路であった、
    六郷用水の水神が祀られています。

    現在の水神の祠は、明治22年(1889)に、
    六郷用水の恩恵を受けた
    和泉村外13ヶ村によって奉納されました。

    *****


    ☆★

    多摩地区を散策などで愉しむサークル『三多摩エンジョイ倶楽部』
      


  • 2015年06月01日

    ひっそりと佇む歌碑~万葉歌碑(狛江市)~

    5月23日は、三多摩エンジョイ倶楽部の企画で、
    狛江市を散策してきました。


    水神社の後、
    これまた当初予定にはなく、
    偶然に観つけたのが、「万葉歌碑」です。




    水神社と共に、
    狛江市ひっそりシリーズとでも
    申しましょうか。

    しかしこの歌碑は、
    なかなか凄いものだったりするのです。


    *****

    『万葉集』巻14の東歌の一首

    「多摩川に
    さらす手作り
    さらさらに
    何そこの児の
    ここだ愛しき」

    が刻まれた歌碑で、

    寛政の改革を行った、時の老中
    「松平定信」の揮毫になります。

    一度洪水によって流失。

    大正時代に松平定信を敬慕する
    渋沢栄一らと狛江村の有志らが協力して、
    大正13年(1924)、
    旧碑の拓本を模刻して新碑が建てられました。

    狛江市中和泉4-14

    *****


    こういった偶然の発見というのも、
    散策の愉しみのひとつですよね!


    ☆★

    多摩地区を散策などで愉しむサークル『三多摩エンジョイ倶楽部』
      


  • 2015年06月01日

    関東三大鳥居の一つがあるんです!~伊豆美神社(狛江市)~

    5月23日は、三多摩エンジョイ倶楽部の企画で、
    狛江市を散策してきました。


    偶然観つけた、
    「水神社」「万葉歌碑」と回ったあと訪れたのが、
    「伊豆美神社」です。




    ここは本当に緑豊かなので、
    パワーをもらえますねぇ。




    伊豆美神社は平安時代に創建されましたが、
    天文19年(1550年)の洪水で被害を受けたため、
    現在地に移転したと伝えられています。


    実はここにある、高さ2.65mという小さな鳥居は、
    1651年にこの地を領していた石谷貞清が寄進したもので、
    武蔵国では最も古い石の鳥居とされ、
    関東三大鳥居のひとつなのです!!!

    (ほかには日光東照宮、鎌倉鶴岡八幡宮)




    日本で二番目に小さいな“市”狛江市の、
    住宅街に鎮座する神社に、
    関東三大鳥居の一つがあるというのも、
    ちょっと驚きですよね。




    伊豆美神社
    狛江市中和泉3-21-8


    ☆★

    多摩地区を散策などで愉しむサークル『三多摩エンジョイ倶楽部』